」カテゴリーアーカイブ

能面の種類について

「the能.com」の能楽トリビア#161で「能面は何種類あるの?」という問いに対する解説が掲載されています。 能面は老人と女の人、鬼ぐらいの見分けが付きますが、演目ごとに違っているわけでもなく、つまり専用じゃないところ… 続きを読む »

カテゴリー:

「ぜがい」は慢心の戒めというより成功体験のリピートが招くリスクをフォーカスして観たほうがいいかも

能の演目「ぜがい(是界/善界/是我意)」。 この主人公は天狗で、慢心する者を天狗道へと引きずり込んでしまうというツワモノ。 中国の慢心者は制覇したとして日本へ上陸。 愛宕山の天狗・太郎坊に勢力拡大の協力を持ちかけます。 … 続きを読む »

カテゴリー:

能「熊坂」は義経が登場しない夢幻能

the能ドットコムの演目事典に「熊坂」がアップされました。 サマリー 東へ向かう旅の僧侶が、美濃国の青野ヶ原でひとりの僧から「きょうはある人の命日」という話を聞きます。 不審に思いながらも、名も知らされぬままその死者の回… 続きを読む »

カテゴリー:

能「鉢木」から「いざ鎌倉」という慣用句が生まれたという話は小学校の教科書で習ったような気がするのだが

the能ドットコムの能楽トリビアのコーナーに、「慣用句「いざ鎌倉」はお能から生まれた?」という記事がアップされています。 能楽トリビア:Q159:慣用句「いざ鎌倉」はお能から生まれた? この「いざ鎌倉」という慣用句、「日… 続きを読む »

カテゴリー:

“謡宝生”から能の謡を考える

能の世界では、 “謡宝生”という言葉があることを、the 能.comで知りました。 能楽トリビア:Q156:“謡宝生”と呼ばれるのはなぜ? これは、シテ方5流のなかで隆盛を誇る宝生流が、別名を付けるほど特徴的な謡であるこ… 続きを読む »

改元を祝う能「大典」

2019年は令和への改元が行なわれました。 能には、この改元のときにだけ演じられる演目があるとか。 それは「大典」という演目で、大正天皇の即位を祝して創作された観世流の新作能。 初演は1915(大正4)年。 内容は、めで… 続きを読む »

カテゴリー:

the能.comの演目事典に「砧(きぬた)」が追加されました

砧とは、「布地を打ちやわらげ、艶を出すのに用いる木槌」のこと。 いわゆる単身赴任で離ればなれになった夫婦の悲哀を描いた物語。 悲嘆に暮れた妻が悶死して、帰国した夫の前に幽霊となって出てくるところが能っぽいですね(笑)。

カテゴリー: