2月に東京公演が中止になったカンボジア伝統芸能の大型影絵芝居「スバエク・トム」の座長チアン・ソパーンさんから動画メッセージが届いています

2月末で来日公演を楽しみにしていたカンボジアの影絵「スバエク・トム」。 コロナ禍が日増しに拡大していくなかで、ギリギリで観ることができるかなと思っていたのですが、残念ながら中止に……。 思い出してみれば、カミさんと2人、… 続きを読む »

六代目竹本錣太夫が80年ぶりに復活

文楽の名跡「六代目竹本錣太夫」が80年ぶりに復活するというニュースが、2019年暮れに届いていました。 人形浄瑠璃文楽太夫の竹本津駒太夫(つこまだゆう)が、2020年1月の『初春文楽公演』で六代目 竹本錣太夫(しころだゆ… 続きを読む »

能「熊坂」は義経が登場しない夢幻能

the能ドットコムの演目事典に「熊坂」がアップされました。 サマリー 東へ向かう旅の僧侶が、美濃国の青野ヶ原でひとりの僧から「きょうはある人の命日」という話を聞きます。 不審に思いながらも、名も知らされぬままその死者の回… 続きを読む »

カテゴリー:

能「鉢木」から「いざ鎌倉」という慣用句が生まれたという話は小学校の教科書で習ったような気がするのだが

the能ドットコムの能楽トリビアのコーナーに、「慣用句「いざ鎌倉」はお能から生まれた?」という記事がアップされています。 能楽トリビア:Q159:慣用句「いざ鎌倉」はお能から生まれた? この「いざ鎌倉」という慣用句、「日… 続きを読む »

カテゴリー:

“謡宝生”から能の謡を考える

能の世界では、 “謡宝生”という言葉があることを、the 能.comで知りました。 能楽トリビア:Q156:“謡宝生”と呼ばれるのはなぜ? これは、シテ方5流のなかで隆盛を誇る宝生流が、別名を付けるほど特徴的な謡であるこ… 続きを読む »

改元を祝う能「大典」

2019年は令和への改元が行なわれました。 能には、この改元のときにだけ演じられる演目があるとか。 それは「大典」という演目で、大正天皇の即位を祝して創作された観世流の新作能。 初演は1915(大正4)年。 内容は、めで… 続きを読む »

カテゴリー: