改元を祝う能「大典」

2019年は令和への改元が行なわれました。 能には、この改元のときにだけ演じられる演目があるとか。 それは「大典」という演目で、大正天皇の即位を祝して創作された観世流の新作能。 初演は1915(大正4)年。 内容は、めで… 続きを読む »

カテゴリー:

the能.comの演目事典に「砧(きぬた)」が追加されました

砧とは、「布地を打ちやわらげ、艶を出すのに用いる木槌」のこと。 いわゆる単身赴任で離ればなれになった夫婦の悲哀を描いた物語。 悲嘆に暮れた妻が悶死して、帰国した夫の前に幽霊となって出てくるところが能っぽいですね(笑)。

カテゴリー:

「妹背山婦女庭訓」が話題でした

書き留めておきたいネタの整理をしていたら、 2019年前半で話題になっていたのが 『妹背山婦女庭訓(いもせやまおんなていきん)』 だったことを想い出しました。 これは、皇族や公家をキャスティングした 王朝物の傑作として知… 続きを読む »